ビタミンの魅力

ビタミンC誘導体配合の化粧品のすすめ

化粧品には様々な美容成分がありますが、多機能で様々な肌の悩みを改善してくれるのがビタミンC誘導体です。 昔からビタミンCには美白効果があると言われているように、ビタミンCを安定化して化粧品に配合したビタミンC誘導体も、シミの元であるメラニンの生成を抑えて、シミをできにくくする働きがあります。 また、しわやたるみにも効果があります。 ビタミンC誘導体にはコラーゲンの生成を活性化させる働きがあります。 コラーゲンは肌のハリや弾力を維持している成分ですが、年齢とともに減少してきて、しわやたるみを引き起こしてしまいます。 コラーゲンの合成にはビタミンCが使われるので、化粧品で補給してあげるのはとても効果的です。

レチノールの主な働きについて

しわやたるみを始め、多機能に肌の悩みを改善してくれる美容成分がレチノールです。 レチノールはビタミンAのことで、肌のターンオーバーを正常化させたり、角質を正常な状態に保って、しっかりと保湿するのに役立ち、レチノール配合の化粧品も話題になっています。 しわができてしまう原因には、乾燥が大きく関係しています。 肌の機能が弱ってしまって、正常なターンオーバーが行なえないと、しわがどんどん増えてしまいます。 ターンオーバーが早すぎると未熟な角質ができてしまって、肌のバリア機能も弱いため、肌が乾燥しやすくなります。 逆にターンオーバーが遅くなってしまうと、古い角質が肌に残ってしまって、しわだけでなく様々な肌トラブルの原因になってしまいます。 肌の基本機能であるターンオーバーを正常化させることにより、新しいきれいな肌が生まれてくるので、しわ改善には大きく役立ちます。